ホームページを持つ目的は?

ホームページを持つ目的は、会社の経営を良くするためである。


会社の経営が良くなるということは、利益が出て自己資本の蓄積が出来る。ということ。


利益が出るということは利益の源である、お客様がいること。


つまり、『お客様を増やさない限り利益は出ない。』


よって、ホームページを持つ本当の目的は、【お客様を作る】ことになります。

 

どのようにお客を作るのか?

メーカーや卸等の会社であれば、自社のお客をつかむのに営業という部署があります。

 

営業マンが1日中会社の商品やサービスを利用してもらう為に飛び込みや、あいさつ回りをしています。


ですが、来店型ビジネス(整体、エステ、士業、医院など個人来店型)は、外回りの営業マンはいません


つまり、全員が技術や接客を行いますので、営業という部署がありません


ですので、新規のお客を作るためには口コミと広告ということが重要になっているのが現状です。

口コミで成り立っている事が基本

口コミで成り立っているという事が一番基本です。


これは経費がかかりません。

 


口コミで成り立っているとことはイコール技術サービスと人柄が良いという証拠でもあります。


しかし、今の時代そして今後将来を考えますと、このままの努力のままですと、お客様も年を取り、不況のあおりで来店頻度も向上するという希望は少ないのです。


経営を良くする為には、お客の数を増やし、リピートし、紹介をもらうという仕組みが必要です。


その仕組みのひとつが、ホームページになるのです。

 

自店の優秀な営業マンとしてのホームページにしていく事が、これからの時代の「経営を良くしていく鍵」になるのです。

ホームページは凄腕営業マン!?

経営を良くする為には、お客の数を増やし、継続し、紹介をもらうという仕組みが必要・・という事でした。

 

その為には、新規のお客様を作ることがまず一番初めの作業になります。

 

では、どうすれば口コミ以外で新規を作ることができますでしょうか?

 

メーカー、卸、などは営業マンがいますが、来店型には営業マンがいません。


そこで、広告の登場です。

広告は、資本力で差が出ます


フリーペーパーで全面広告をすれば効果あるでしょうが、なかなかできません。


お手ごろ枠は同じ大きさの店が何店舗も同時に掲載されます。

 

これでは、情報を入れるにも限度があり、割引合戦になります。

それではホームページの場合はどうでしょうか?

極論を言えば、ホームページですと大手も小さな会社も関係ありません


ホームページはなのです。

 

大きな店が数百万のホームページを作っても、こちらが数万円のサイトでも、数万円のほうが検索したときに上位で、数百万のホームページが検索で出てこないこともあります。


フリーペーパーなどではお金をかければ大きな枠が目立ちますが、ホームページは検索表示で大手の上になることも可能です!

ホームページは人件費!?

ホームページはそのまま人件費と考えても良いと思います。

 

はじめに言ったように、来店型ビジネスには、外回り営業マンがいません

ですので、ホームページは優秀な外回り営業マンとして、育てていくことが大切です。


営業マン1人雇うと月数十万かかりますが、ホームページですと弊社ウェブセンで5980円(税別)から雇うことができます。

 

経営を良くすると言うことは利益を出すこと。

利益を出すにはその源のお客を増やさないといけません。


お客を増やすには、新しいお客と出会わない限り出来ません

 

この出会いの役目がホームページということをご理解いただければと思います。

ホームページの費用対効果の考え方

ホームページで1人獲得すれば、5000円の利益として年12回来店で6万円


5年のお客様になれば、30万円の利益になるのです。


ホームページで成功しているオーナー様は、このような考えの下、あせらずにこつこつホームページの更新をしています。

 

ホームページだけで新規集客の仕組みが出来ているお店もいらっしゃいます。

月に1件のお客は少ないと考える方もいるでしょうが、自店や自社のサービスがよければ、リピートになる事を忘れてはいけません

 

広告では1回来てもリピーターにならない経験をしているとホームページも同じように感じる方も多いようですが、ホームページは店のサービスや情報を見てから来店や問合せになるのです。

広告のように安いから来るのとは客層が全く違うのです

 

1件のお客も、しっかり顧客対応努力もして30万のお客様と思うことが大切です。