ネットで探すお客様の深層心理について

フリーペーパー広告を見るとどこも初回割引やクーポンがあります。


美容室や居酒屋に関してですが、友人などに聞くと毎回行く店が違います。


美容室に関しても満足して帰ってきたことがあまりないそうです。


そしてまた違うところを探します。

 

これは私の周りだけではなく、ほかの方も同じ行動ではないでしょうか。

 

では、みんなは安いお店を探しているのでしょうか?

 


おそらく違います。

良い店を探しているのです。

本当にやさしくて満足できるお店を探しているのです

 

広告だけでは、お店のよさをアピールしたり出来ません。

 

お店の特徴や良さまで情報を出す事が不可能です。

 

なので、多くはリピートまでの仕組みが出来ていなく、その場限りの安さをアピールするだけになっています。

ここで、お客様を自分に置き換えて考えて見ます。

歯医者に行くなら?美容室に行くなら?整体に行くなら?行政書士に依頼するなら?塾に通うなら?

 

出来るなら、良い店であってほしい

 

私横山の例で言うと、虫歯で歯医者に行きたい時に、近所の歯医者をネットで探しました。

 

近所の歯医者はホームページが無かったので、少し離れた歯医者さんがヒットし、スタッフの写真が載っていました。


先生もうんちくを載せていました。

車で5分ですが、近所よりそちらで治してもらいました。

 

また、あまりにも肩がこり、近所の整体へ行こうと思いました。

 

ですが、外から室内が見えなく、不安で何度も行ったり来たりして止めました。

 

次の日どうしても痛いので再度チャレンジしました。

 

今度は「えい!」とドアを開けました。

そうすると、「今日は出来ません」と言われてとぼとぼ帰ってきました。

 

これがもしその整体さんのホームページがあれば、事前に内部を見れますし、事前予約もわかるので、このような躊躇や無駄足はなかったと思います

情報がなく突然訪問するとこのような事が良くあります。

 

話がずれてしまいましたが、 


このように、私たちは出来るだけ『いやな思いをしたくない。』

 

つまり怖いのです。

 

いやな思いをしたくない・・・
知らない人が怖い・・・
失敗したくない・・・

このような心理が根にあるのです。

 

広告ではこの部分を解決できません。

 

良い店とは、専門情報を持っていて、お客思いで、気遣いがあり、優しさを感じる。

情報で満足、納得したら、安売りなど関係ないのです。

 

それをきちんと伝えるには、やはりホームページです!

 

ホームページで不安を解消!

ホームページはお客様の不安を解消してもらう。

店の自信を見せる。

などなど情報量をたくさん提供できるのです。

 

ホームページで集客成功している例は、お客の不安をホームページで解決しているのです。

 

  • ここなら、やさしそうな人達で、いやな思いはしなさそう
  • 心配だった事も情報が沢山で解決も出来たし、行ってみよう!

 

このようなお客様の心配を解決し、初回でも不安なく来店されるのです。

 

実際に行くと、ホームページで見た通りの内容で安心し、実際の人柄も好きになり満足。

だからこそまた来店してもらえるのです。


ここでポイント!


ホームページに載せる情報は当然ながら嘘は書けません

 

つまり、店の内容に自信のある店や会社こそ、口コミで成り立っているお店や会社こそホームページを持つべきという事になるのです!